小泉酒造日本酒のインターネット販売

東魁・東魁盛 清酒カタログ

メニュー





QRコード対応携帯電話をお持ちの方は上記のコードを読み取るだけで簡単に携帯サイトにアクセスができます。



■ 小泉酒造 合資会社 ■

      〒299-1753 
住所:   千葉県富津市上後423-1

代表者:  小泉 章

創業:   寛政5年(1793年)


 
◆ご 挨 拶◆

  寛政5年(1793年)名字帯刀を許された小泉平蔵が、小泉酒造を鹿野山の麓に位置したこの地に興しました。以来、襲名を重ね、明治初期に家督を継いだ源蔵が一段と家業に力を入れ、大きく発展いたしました。今に残る土蔵造りの酒蔵は源蔵の偉業の一端を偲ばせるものがあります。昭和初期、蔵主であった一助は温度管理を徹底するために早くより冷蔵庫を蔵の中に作り、清酒の品質向上に努めました。試験場に住みこみながら、酒造りの修行も積み、周辺地域で先進的であった吟醸酒造りに情熱を傾けました。この吟醸酒造りへの気風はその後脈々と受け継がれております。
 現在は蔵主自らが杜氏を務め、澄んだ空気と清涼な水をたたえた湊川のほとりという環境のもと、「酒造りは米作りからと」自ら育てた米、鹿野山山系の仕込み水、そして熟達した技により、古き良き伝統を守りながら、新しい時代を見据えた酒造りに努めております。このような酒造りに対するこだわりをもった姿勢は様々な鑑評会において高い評価につながっていると考えております。
 平成8年(1996年)より、「消費者に喜ばれるお酒を」をモットーに「ソムリエハウス酒匠の館」と銘打って、常時20種類以上の清酒やリキュールの試飲がお楽しみいただけるコーナーを設けております。そのほかに、大吟醸酒入りソフトクリームや蔵元特製甘酒などもご賞味いただけます。併設しております資料館には、江戸時代からの生活用品や清酒製造製品の展示もございます。
 房総の旅の思い出に、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

十三代目 小泉平蔵